あの日、私の恋を終わらせた映画『スウィート・ノベンバー』ネタバレあり

映画(キアヌ・リーヴス主演)自体は「1か月限定の恋人」という切ないラブロマンスで、涙を誘ういい映画だったんですが(エンヤの歌も最高に合ってた!!)…


ただ、一緒に観る相手は選んだ方がいいかもしれません。


映画には何の罪もないけど、間違いなく私の恋が終わるきっかけになった作品だったので。


結末がね…結末が…。


さて、私はこの映画「スウィートノベンバー」はDVDで観たんですが…


まずはどんなストーリーなのかを書いていきますね。


初回登録で31日間無料「 スウィート・ノベンバー」はこちら

あらすじ


やり手広告マンのネルソンはある日、運転免許の更新試験場で出会った女性・サラから、11月の1カ月だけ恋人にならないかと提案される。


一度は断ったものの、仕事でしくじって会社を首になり、恋人にもフラれたことから、彼女の提案に乗ることにするが…。



見どころ

前半では風変わりな女性サラと仕事人間ネルソンが出会い、恋に発展する様子がユーモアたっぷりに描かれる。


後半では一転、彼女の秘密が明らかになり、切なさを高めてゆく。

二人が選んだ結末は…?

見どころにもありますが、前半はハッピーなのに後半では一転して切ない感じになっていきます。


実はサラには秘密があって、「一か月だけ恋人に」というのもそれが理由。


後半でサラの秘密が明らかになりますが、サラのことを心から愛してしまったネルソンは「サラの秘密」も分かったうえで


一緒に生きていくことを望みます。


ですが、同じくネルソンのことを愛してしまったサラにとって、ネルソンの気持ちは嬉しくもあり辛くもあって


それが自分を苦しめることに……。


そして、ラストでサラが選んだのはネルソンと共に生きる道ではなく「別れ」。


愛してるからこそ


「綺麗なままの自分だけを知っていてほしい」


と「さよなら」を告げるのです。




結末がリンクしてしまった

当時の私と彼は、ちょっと微妙な距離間でした。


彼は、元カレの友達…


私は私で「元カレの友達だし」と一歩進むことができず


彼も彼で「友達の元カノだし」と


お互いに気になる関係だったけど、進むことができないでいました。


そんなときに二人で観てしまった「スウィートノベンバー」。


『好きだけどさようなら』を選択したサラとネルソンに後押しをされてしまって


なんか気まずい感じになってしまい、そのまま終わったのです…。


元カレが彼の友達じゃなかったら、映画に後押しされることもなかったと思うけど。


この映画自体はとてもいい映画ですが、私には少し苦い思い出です笑