【ネタバレ感想】面白さが神!ストーリー重視BL『異世界の沙汰は社畜次第』原作(ライトノベル)・漫画

ヤバイ、これすごく面白い!何度も読み返しちゃう笑


ストーリーを少し書くと(また後にも書くけど)


聖女召喚に巻き込まれた社畜・誠一郎(経理)が異世界でも仕事をしまくる!というストーリー。


ヌルイ仕事をしている経理課に激怒した誠一郎は、経理課の立て直しを図りますが


手に入れた「疲れが吹き飛ぶ栄養剤」の副作用で命の危険にさらされることに!


魔力ゼロの誠一郎が助かるためには「魔力」がある人に「挿入」されなくてはいけない。


あっさりその状況を受け入れた誠一郎は第三騎士団長アレシュに身をゆだねるけど…


という始まり。


「魔力を挿入」というところにBL要素を感じるけど、エロは少な目です。


それに恋愛になっていくのもかなりスローテンポ。


完璧でハイスペックなアレシュが先に誠一郎に惹かれるんだけど、相手は恋愛なんかよりお仕事優先の誠一郎…笑


でもだからこそ、すごくいい!


社畜として猪突猛進な誠一郎をなんとか管理(心配?過保護?)しようと


「氷の貴公子」と呼ばれているアレシュが感情大爆発になっているところがたまりませんでした。


そんなアレシュに事務的な誠一郎も良い!


二人が恋愛関係になる過程が面白いです。


では、前置きが長くなりすぎたけど、あらすじと感想を書いていきますね。


漫画の試し読み「異世界の沙汰は社畜次第」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「異世界の沙汰は社畜次第」はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で原作・漫画「異世界の沙汰は社畜次第」を読む方はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

近藤誠一郎は毎日仕事に追われる三十路目前のサラリーマン。


聖女召喚計画に巻き込まれ、異世界のロマーニ王国に転移してからも自らの“癖(へき)”から仕事を求め働き続けていた。


それが“氷の貴公子”と呼ばれる騎士団長アレシュと急接近するきっかけに――。

感想

特別な力はないけど(魔法とか)、常識も経理の知識もあって好感が持てる主人公。


自ら率先してヌルイことを正しくしていきます。


そんな誠一郎に惹かれてしまったアレシュですが、氷の貴公子と呼ばれていたはずなのに


いつのまにか溺愛&喜怒哀楽が出まくりに笑


BLらしいBL(どエロイ展開)を求めている方には不向きかもしれないけど、ストーリー重視で新しい形のBLが見たい!という方におすすめの作品です。


最後に……本当に面白かった!ストーリーがめっちゃよかったです!