【ネタバレ感想】恋愛小説の陰謀?『ベタ惚れの婚約者が悪役令嬢にされそうなので。』原作(ライトノベル)・漫画

ほぼ王子目線で進行するこの作品「ベタ惚れの婚約者が悪役令嬢にされそうなので。」。


溺愛してる婚約者・エリザベスを悪役令嬢にして、全然興味がないヒロインと自分(王子)をくっけようとする者たちを


王子自ら「ざまぁ」するストーリーです。


小説を書いたのは誰なのか、そしてそれを利用したのは…?


その犯人を王子自ら探し出すのですが、この王子…切れ者なのに、大好きな婚約者の前ではなかなかのヘタレ(あとストーカーみたい笑)


王子の心の声が面白すぎて何度も笑ってしまいました笑


ちなみに漫画が面白かったから、どうしても続きが気になっちゃって原作も読了。


では、あらすじと感想を書いていきますね(ネタバレあり)。


漫画の試し読み『ベタ惚れの婚約者が悪役令嬢にされそうなので。』はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み『ベタ惚れの婚約者が悪役令嬢にされそうなので。』はこちら


コミックシーモア・初回登録7日間無料読み放題(無料期間中に解約OK)で『ベタ惚れの婚約者が悪役令嬢にされそうなので。』を読む方はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

ベタ惚れ王子は、婚約者の悪役令嬢化を絶対潰すマン!


巷で大流行中の、王宮を舞台にした恋愛小説『乙星』は、王子であるオレにとってはとんでもなく迷惑な代物で…。


婚約者エリザベスにベタ惚れな、王子ヴィンセントが大流行小説の裏でうごめく陰謀に立ち向かう!


全ては愛するエリザベスを守るため&二人の親睦を深めるためっ!


感想(ネタバレあり)

この作品の魅力は、エリザベスを溺愛している王子・ヴィンセントのタレだけど憎めない愛らしいキャラクター。


そもそも、エリザベスは政略結婚のための婚約だと思っているので、王子が自分のことを好きだなんて思っていません。


だから王子は、エリザベスの前では紳士のような感じに見せておいて(心の中は騒がしいけど)従者・ハロルドと二人っきりになると


溺愛が爆発!隠れ溺愛がすごすぎる!!


そして、従者であるハロルドのツッコミが辛辣です。


例えば…


殿下「この事件が解決したらオレはエリザベスとサーカスに行くつもりだ」


従者「殿下、それは不吉な呪言(しぼうフラグ)です」


とか


殿下「エリザベスに見張りをつけろ」


従者「ついにストーカーですか」


などなど、笑えるシーンがいっぱいです。


小説の通りにエリザベスを悪役令嬢に仕立てようとする動き(陰謀)は確かにあるけど


あんまりシリアスではないので、楽しく読むことができる作品でした!