まさか、面倒だった?“諦めない”炭治郎が見せた“諦める”瞬間/アニメ・漫画「鬼滅の刃」

どんなに強い敵が現れようとも、鬼になった妹を人間に戻すため…悪い鬼から人を守るために


必死で戦う炭治郎。


その諦めない姿に、感動する人も多いのではないでしょうか。



実は、そんな“諦めない”炭治郎が“諦めた”瞬間があるのです!


それは、炭治郎が珠世と愈史郎と出会ったときのこと。


アニメだと10話目で漫画(原作)だと3巻にあるシーンです。


では今回は、そんな「炭治郎が諦めたシーン」について書いていこうと思います。


試し読み「炭治郎が諦めたシーン・漫画(原作)3巻」はこちら


アニメ視聴「鬼滅の刃」を見逃した方はこちら

炭治郎が諦めたシーン


>>試し読みはこちら

鬼である珠代と愈史郎に助けられた炭治郎と禰豆子。


炭治郎と禰豆子は二人の屋敷に招かれますが、そこで鬼の襲撃に合ってしまいます。


相手は「十二鬼月」だと名乗る「矢琶羽」と「朱紗丸」。


今まで遭遇してきた鬼よりも圧倒的に強く、炭治郎は苦戦を強いられます。


そんな炭治郎に愈史郎は


「気をつけろ!少しも油断するなよ!もし本当にそいつらが十二鬼月なら、まず間違いなくお前が今まで倒した奴らより手強いぞ!!」


と鼓舞しますが、炭治郎はと言うと…


「はい、わかりました!気をつけつつ、少しも油断せず、まず倒……今まで………はい!!頑張ります!!」


と、とりあえず頑張るという意思は見られるけど、なんだか答えるのを諦めたかのような返事でした。




【考察】「……」に入る言葉は?

「……」に入る言葉は2通り考えられます。


1つ目は「愈史郎の言葉通りの言葉」で「まず間違いなくお前が今まで倒した奴らより手強い」というもの。


2つ目は「反論しようとした可能性」から「まず倒す。今までもそうしてきた」といった言葉が入る。

意味は違うが根本は同じ

先ほどの「…」に入る言葉は意味は違えども根底にあるものは同じです。


1つ目は「戦いの最中に長文で返す余裕がない」


2つ目は「愈史郎さんに反論しても、押し問答になるかもしれない」


どちらも戦いの最中なのに面倒だということになります。


つまり、炭治郎は愈史郎さんにまともに返答をすることを“諦めた”ということです(余裕がないとも言える)。




まとめ

絆や友情、勇気…心を揺さぶる感動シーンの多い鬼滅の刃ですが


こういった人間くさいところも魅力の一つだと思います。


まだ、観たことがないという方にもぜひ観てほしい作品です。