【ネタバレ】「悪役令嬢は『萌え』を浴びるほど摂取したい」あらすじ・感想

悪役令嬢(ゲーム)・レティ―ツィアに転生して落ち込むのかと思いきや…最高!!と喜ぶ主人公。


最推し・リヒト様のいるし、妄想していた攻略対象たちのBLやNLも目の前で楽しめちゃう!


しかし、あることに気付きます。


それは…


ヒロインを一方的にいじめた罪(本当は違うけど…)で修道院で生涯軟禁になってしまうこと!


もしそうなったら、推しを愛でることができない。推しを側で見られないならこの世界で生きる意味なんてない!


そう思ったレティ―ツィアは、円満に婚約者(攻略対象)と婚約破棄することを目指します。


そしてもう一つ。


「推し」はあくまでも「愛でるもの」…推しの側で萌えていたいけど結ばれたくはない!!


婚約破棄と攻略対象と結ばれないように全力を尽くしますが…!


という始まり。


レティ―ツィアの妄想やそれを理解してくれる同士とのオタクトークに思わず共感してしまいました笑


恋の方も思わぬ方向にいってしまうので、そこにも注目して読んでほしいです♡


試し読み「悪役令嬢は『萌え』を浴びるほど摂取したい」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

乙女ゲームの世界に転生した私、レティーツィア。


しかも悪役令嬢だなんて……最高!!


だって婚約者の皇子リヒトは”最推し”な上に、私は推しと結ばれるのがガチ地雷な『非夢女子』なんですもの!


尊い推しを愛でるためには国外追放を回避して、ヒロインと結ばれてもらわなければ。


そう思っていたのに、推しもヒロインもシナリオ通りに動かず――!?


感想(ネタバレあり)

理想的なラブストーリーでした♡


レティーツィアは、ヒロインと自分の婚約者であるリヒトが結ばれるように、リヒトを避けたりヒロインをフォローしたりしたけど…


ちょっとヒロイン(転生者)が残念な感じ。


でも、それによりクールなリヒトのレティーツィアへの愛がより引き立ってたかなと思います♡


そしてそして…


冒頭にも書きましたが、レティーツィアの妄想が面白かった♡


これ、オタクにはあるあるなんじゃないかなと思います。