小純月子「ベランダで会いましょう」が大人女子に刺さりすぎる。あらすじ・感想

大人女子におすすめのラブストーリー「ベランダで会いましょう」。


4つの作品が収録された短編集なのですが、どれもすごく良い!!


悩んでいるポイントもリアルで、仕事や恋愛に悩んでいる大人女子に刺さるストーリーばかりです。


では、あらすじと感想を書いていきますね。


試し読み「ベランダで会いましょう」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

ベランダで会いましょう

27歳で初めてできた彼氏に1年であっさりフラれて、すっかりダメ女と化した沙月。


そんな姿(髪ボサボサ、すっぴん眼鏡、のびのびTシャツ)を社内で人気の明野さんに見られてしまい…


大ピンチ!?と思いきや


何故か優しくしてくれて……


それをきっかけに仲良くなる二人(同じアパート同士)。


しかし、会社では相変わらず目も合うこともなく無視され続けていました。


なぜ、私の部屋に来てくれるの?


会社では知り合いだと思われたくなくて無視しているの?


それには、思わぬ理由があって――…!


彼女の忘れ物

転勤前日、毎朝同じ電車に乗る憧れの彼に連絡先を渡そうと思っていた日和。


しかし、やっぱり勇気が出なくて日和の片思いはあっさり終了……


と思いきや


引っ越し先の隣の部屋に彼がいて…!


今度こそ勇気を出そうと日和は


「て…転勤されたんですねっ、実はあたし…」


と声をかけますが


なんと彼は、片思いの彼の双子の兄だったのです。


次第に片思いの彼ではなく、兄・光一の方に惹かれていく日和。


しかし、あることをきっかけに光一に拒絶されてしまい…!


この夜、あなたに触れる

いつも頑張りすぎて「重い、うざい」と言われ恋が終わる美鈴。


今度こそ失敗しない!と新しい彼氏・浩一の前では


重くない女を演じますが


クリスマスをキャンセルされたことで、つい気を付けていた言葉を口走ってしまいます。


浩一にため息をつかれて、もう駄目だ…と思っていた美鈴ですが…!



キミは愛しき猛獣

社内で「猛獣使い」と呼ばれているまどか。


それは、まどかを「姐さん」と呼ぶ同じ会社の勝が原因で…!


昔、まどかの実家の道場に通っていた勝は、ずっとまどかに片思いをしているのですが


まどかにはすでに想い人が。


そんなある日、昔まどかが勝に言った


「怒り場所を間違えて自分の価値を下げるな」


という出来事が起こってしまい、勝はまどかと目も合わせなくなり…!



感想

どれも素敵なラブストーリーで内容も刺さるものばかりでした。


中でも一番好きなのが最後の「愛しき猛獣」。


大森さんに最後に放ったセリフがかっこよかった!!そして、勝もかわいいかったです(ギャップ最高)。