あのジオルドが「カタリナに会いたくない」激しい自己嫌悪…二人の間に何が?/乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(はめふら) 原作ネタバレ

カタリナのことが大好きで、二人っきりになるチャンスをいつも狙っているジオルドですが


ある事件により初めて


「今はカタリナに会いたくない」


と思います。


それは、カタリナのことが嫌いになったということではなく、自己嫌悪に陥ったためなのですが…


二人に何があったのでしょう。


今日は、あのジオルドが「カタリナに会いたくない」と初めて思ったシーンについてです。


ジオルドが「カタリナに会いたくない」と思った理由「原作:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…8巻」はこちら

カタリナとジオルドに何が?会合中に起こった事件


>>試し読みはこちら

他国との近隣会合にジオルドの婚約者として参加することになったカタリナ。


そこである事件が起こります。


なんと、潜入捜査(魔法省の)でメイドに扮していたマリアが、悪い男たちに連れていかれてしまったのです。


男たちがマリアに無体を働くつもりだということに気付いた(気付いたというか、他国の王子に教えてもらった)カタリナは


マリアが連れ込まれた部屋を探しますが


そこは、入口から遠い二階の部屋の隅。


一刻を争う事態に、カタリナは自分のドレスを破って木をよじ登り(髪の毛もグチャグチャ)、マリアの救出に向かいます。


突然現れたカタリナに驚く悪い男たち。


生意気な口を聞くカタリナを殴ろうとしますが――…


そこにジオルドが現れます。


しかし、ジオルドはカタリナを見てギョッとした後に、氷のように冷たい目になり……


激しい怒りに暴走するジオルド!もう誰も止められない!?

ビリビリに破れたドレスと乱れた髪…カタリナのそんな姿を見て


ジオルドは悪い男たちがカタリナに不埒なことをしたと思ったのです。


「よくも僕の婚約者に不埒な真似をしてくれたな。その命を持って償え、骨まで燃やし尽くしてやる」


と、カタリナの聞いたことのない声色で炎(魔法)を作り出すジオルド。


ジオルドが勘違いしている!と気付いたカタリナはジオルドを止めようとしますが、その声も届きません。


最終的には、カタリナの頭に枝と葉っぱが付いていることに気付いたアランによって(木登りをしたせいで、ボロボロの姿になっていることに気付いた)


ようやく我に返るジオルド。


しかし……


自己嫌悪で「今はカタリナに会いたくない」

カタリナが男たちに襲われたと思ったジオルドは


自分の感情をコントロールすることができず


王族としてあるまじき行為(王族が魔法をむやみに使うことは固く禁じられている)をしてしまいました。


しかも、他者を傷つけるために…。


そんな自分の愚かさにひどく打ちひしがれるジオルド。


感情を制御することもできず、カタリナの前で我を忘れて暴走してしまったこともあり、


今はカタリナと会いたくないと思っていましたが


ジオルドの部屋をカタリナが訪れて……


感想

こんなにも怒りを露わにしているジオルドはこの時限りではないでしょうか(現在、原作が10巻まであるけど見たことない)。


そんな自分に戸惑い落ち込むジオルド。


ものすごく可哀想な感じだったので、カタリナの言葉により救われて良かったです。


そうそう!


今回はジオルドに焦点を当てて書きましたが、実はキースもかなり切ない感じでした。


キースも勘違いしていましたから。


冷静だったのは、アランとニコルかな。


こういう時のニコルってめっちゃ頼りになる!と新しい発見がありました♡


『はめふら』は漫画もアニメも面白いけど、原作も面白いのでおすすめです!