Web Analytics

大どんでん返しラブコメディ!?『悪役令嬢に選ばれたなら、優雅に演じてみせましょう!』あらすじ・感想

漫画が面白かったので、どうしても続きが気になって原作も読んでみました!


王子と恋に落ちたとされる弱小貴族の娘・ジュリア。


しかし、二人には身分の差という壁があって…


叶わない恋に苦しむ王子。


そんな王子のために、国を上げての一大プロジェクトが立ち上げられます。


名付けて


「王子と娘に物語顔負けのラブロマンスを!」


なんと、身分差を越えた二人の熱い想いを民衆の情に訴えかけ、身分の低いジュリアを王妃にしようという計画なのです!


そのために集められた


王子とジュリアと同じ学園に通うことになる


「王子の恋を応援し隊」


の面々。


主人公・メリアローズは二人のラブロマンスを盛り上げるために悪役令嬢を演じることになるのですが…!


悪役令嬢にまったく向かないメリアローズのポンコツ悪役令嬢っぷりや作戦会議の風景も面白いですが、


一番重要なポイントは、そもそも前提が違うというところ笑


王子様の本当の想い人は誰…?


では、あらすじと感想を書いていきますね!


漫画の試し読み「悪役令嬢に選ばれたなら、優雅に演じてみせましょう!」はこちら


原作(ライトノベル)の試し読み「悪役令嬢に選ばれたなら、優雅に演じてみせましょう!」はこちら

あらすじ

>>試し読みはこちら

国の一大プロジェクト『王子の恋を応援したい隊』



その任務は、王子とヒロインである田舎娘の身分違いの恋を成就させること。



二人の恋を盛り上げるスパイス「悪役令嬢役」として選ばれたのは、国一番の令嬢(だけど、ポンコツ気味)のメリアローズ。



メガネを取ると魅力が溢れだす「王子の取り巻き役」や令嬢に大人気な「当て馬役」といった仲間たちと、日々ヒロインいじめ?に精をだし、王子の婚約者(仮)にもなったというのに、王子とヒロインの仲は全く進展する様子はなくて……。



一体、どういうことなのよ~~!?



感想

「王子の恋を応援し隊」は当て馬役、悪役令嬢の取り巻き役、王子の取り巻き役…そして悪役令嬢役のメリアローズの4人です。


4人とも良いひとたちだから、作戦会議の内容がめちゃくちゃなのです笑


ヒロインに池の鯉を食べさせる悪役令嬢なんて絶対いない笑!!


さて、そんなポンコツでも頑張っていじめているメリアローズですが、どんなに頑張っても王子とジュリアの仲は進展しません。


なぜなら、王子には他に想い人がいるから…。


そんなこととは知らず、わざわざ嫌われ者を演じているメリアローズ。


そんな彼女を心配する人物もいて…。


王子が本当に想っている相手って誰?嫌われ者を演じているメリアローズを心配しているのは?


ここに注目して読んでみてください♡