【ネタバレ感想】人と本、事件と謎をつなぐ後宮ミステリー「後宮の結び人」

本屋に勤める主人公・小鈴。


大好きな恋愛小説『後宮純恋譚』の作者である「丕先生」の担当になりますが


なんと「丕先生」の正体は――…!!


「丕先生」が執筆できなくなった原因を取り除くために、華麗に謎を解く小鈴。


二人の恋の行方も気になるところです。


では、あらすじや感想などを書いていきますね。


試し読み「後宮の結び人」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

恋愛小説『後宮純恋譚』の大ファンである小鈴。


いち早く続編を読むために本屋で勤め、あわよくば先生の担当になりたい!(後宮純恋譚の作者)と思いながら、印刷部の写本係で勤務しています。


そんな小鈴についにチャンスが!


「丕先生から原稿をとってこい」


「…え?」


「今日からお前は先生の担当だ。だから後宮に行け」


なんと、大好きな小説「後宮純恋譚」の作者「丕先生」の担当に任命されたのです!



しかし…


「色々な人間を担当させているんだがな、先生はこの一年筆が進まず悩まれている……三か月、先生から原稿をもらえなかったら印刷部に戻す


条件付きで、憧れの「丕先生」の担当になった小鈴。


さっそく後宮へ赴くと、そこに現れたのは美しい女流作家ではなく――…!


ここに注目!

憧れの「丕先生」!その正体は――…!

後宮で執筆だなんて、「丕先生」は美しく繊細な女流作家に違いないと期待していた小鈴。


しかし、そんな淡い期待はすぐに打ち砕かれます。


なんと、現れたのは薄汚い男!!


さらに…


「そちが新しい担当か?私が皇太子の隆鳳だ」


そう、あの神と崇める「丕先生」は皇太子だったのです。


まさか皇太子が書いているなんて…!と驚きつつ、弱弱しい声で


「原稿をいただきに参りました」


と呟く小鈴。


しかし……

「丕先生」が執筆できなくなった理由

「………なぜ書けなくなられたんですか?」


「実は、執筆してることが母上…皇后様にバレたんだ」


執筆している作品が恋愛小説なだけに、皇后様の怒りに触れた皇太子。


執筆の妨害として雑務を言い渡されていたのです。


その雑務がこれまた難題。


しかし、どうしても続きを書いてもらいたい小鈴は


「も、もしその問題を私が解決したら書いていただけますか?」


「解決できれば、な。……まぁ、ついて来るといい」


こうして、小鈴は難問に立ち会うこととなり――…!

感想

小鈴の鮮やかな謎解きも面白くて、二人(小鈴と皇太子)の今後も気になるところです。


鈍感な小鈴はさておき、皇太子は意識しちゃってる笑


もしかしたら、自分を題材とした恋愛小説を書くかもしれませんね。


その最初の読者はやはり小鈴かな。