Web Analytics

こ、これが少女漫画…?衝撃のダークラブストーリー『菜の花の彼―ナノカノカレ―』あらすじ・感想

全員、闇落ちというワードに惹かれて読んでみました。


元カレのことがトラウマで素直に恋ができなくなった主人公。


そんな主人公が元カレとの傷をきっかけに新しい恋をします。


しかし、元カレと再会してしまって……。


読み始めに、これは三角関係になるんだろうなとは思っていましたが、そうだとしても「闇落ち?」と疑問でした。


でも、読み進めると納得!これは想像以上に重い!!


ただの三角関係ではありません。


キュンキュンするどころかハラハラする展開でした。


では、もう少し詳しくあらすじと感想を書いていきますね。

試し読み「菜の花の彼―ナノカノカレ―」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

中学時代のトラウマがもとで素直に恋ができない菜乃花。


でも街で男の子のやさしい言葉を耳にした菜乃花は思わず告白してしまいます。


顔を見る前に―。恋に傷つき、恋に癒される、これは、そんな物語。



感想(ネタバレあり)

恋愛ってきれいごとばかりではない!と思わせる作品でした。


最初こそ、菜乃花を振った(彼女と別れたばかりだったから)隼太でしたが、次第に菜乃花を好きになっていきます。


しかし、菜乃花にはどうしても言えない隠し事があって…(隠し事の原因は菜乃花のせいではありません)。


あんなにも優しくて純粋だった隼太が初めて知った感情に醜くなり…


別れてから菜乃花のことが好きだと気付いた鷹人は、菜乃花が記憶を失ったことをきっかけに卑怯な手を…。


そして、菜乃花は自ら落ちることを選んで…。


少女らしからぬ感情描写が多いですが…隼太も鷹人も菜乃花を想う気持ちは本物で、どちらの気持ちにも感情移入できます。


菜乃花を巡った切ない恋心…


結末は、賛否両論あると思いますが私は納得でした。


この作品はハッピーな少女漫画に飽きた方におすすめの作品です。