【笑いありのBL漫画】イケオジモンスターと絶対零度男子 あらすじ・感想など

新連載の「イケオジモンスターと絶対零度男子」。


「タワーって何?」って思ってたけど、なるほどって感じでした笑


EDのイケオジ上司とそんな彼に片思いをしている絶対零度男子(部下)。


真顔で脳内スクショしたり、細胞レベルで喜んでる姿の絶対零度男子がめっちゃかわいいです♡


笑えるBL漫画なのでBL初心者でも楽しめる作品だと思います。


では、あらすじと感想などを書いていきますね。

試し読み「イケオジモンスターと絶対零度男子」はこちら

あらすじ


>>試し読みはこちら

五星総合商社の営業二課には、超絶仕事ができるイケオジ・小鳥遊(たかなし)課長(40)と、無慈悲なイケ若手社員・氷渡(ひわたり)(26)がいる。



スーパーエリートな小鳥遊課長に言い寄る女性は数多くいたが、彼はその誘いを全て拒んでいた。



その理由は…じつは課長はEDだったから!



一方の入社4年目、仕事ぶりは優秀だがひといちばい繊細な氷渡は、そんな課長にこっそり超絶憧れていた。



ある日、ひょんなことから、小鳥遊と氷渡は一夜を共にすることとなり…!?



イケオジ課長(40)×絶対零度男子(26)の、世界一ピュアな恋心が、消えかけていたタワーを再び点灯させる…!!



このシーンが笑える!

絶対零度男子・氷渡の心の声

氷のような冷たさから絶対零度男子と呼ばれる氷渡。


いつも無表情で上司である小鳥遊さえ笑ったところを見たことがないのですが、


実は憧れている小鳥遊課長に対してだけは心の中でお祭り騒ぎなのです笑


例えばこのシーン。


小鳥遊課長が窓際で


「もう二度と俺のタワーには会えないのかなぁ!?」


と心の中でEDのことを嘆いている時、そんな小鳥遊課長を見て氷渡は…


「あ~課長マジ画になるなぁ~~やばいわこれ。時間忘れるわ。ずっと見てられるわ。脳内スクショが止まんねぇ――!!」


と心の中でカシャカシャ(カメラの音)。


他にも、小鳥遊課長に「頼んだぞ」と肩を叩かれた時、真面目な顔で「…はい」と言いながら…


「あばばばばば課長に肩をあばばばばば」


と心の中で大パニックになるシーンなど、氷渡がめっちゃ可愛いです。


もちろん課長の心の中も面白くて思わず笑ってしまいますけどね。


1年ぶりのタワーは部下の前で!?

ひょんなことから、小鳥遊課長の家を訪れた氷渡。


シャワーを浴びようと下着に手をかけた小鳥遊課長でしたが、氷渡の


「課長のことが好きすぎて……」


と言う言葉に動揺して、思わずシャワー(冷たい水)のスイッチを押してしまいます。


「うわぁぁぁぁぁぁ」


冷たい水を浴びてしまい、ブルブルと震える小鳥遊課長。


これは課長の一大事!課長が風邪を引いたら大変だ!そう思った氷渡は自分の服を脱ぎ、小鳥遊課長に近付いていきます。


上半身裸で近づいてくる氷渡。身の危険を感じた小鳥遊課長は…


「俺は…EDなんだよーーー」


と思わず。


しかし…


「え?…課長、ちゃんと勃ってますけど」


「…え?」


そして、二人は股間(タワー)に釘付けになり…


「勃った…!俺のタワーが勃った―――!!(心の中)」


と涙を流して喜ぶ小鳥遊課長と


「課長ってアソコも素晴らし~~~~いッッ!!(心の中)」


と感動する氷渡。


突然、冷静になり


「ってそうじゃない(二人の心の中)」


って自分にツッコむところがまた良いです笑


ちなみに氷渡は襲おうと思ったわけではなく、自分の体温で課長を温めようとしていました。



感想

小鳥遊課長と氷渡の心の中が面白すぎてめっちゃ笑いました笑


幼少期から憧れの(実は、幼少期に小鳥遊と出会っている)小鳥遊。


氷渡の片思いが面白い感じで叶うといいなと思います(最後まで笑いも期待!)。