普通とは違う結婚生活!?漫画『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』あらすじ・感想

この漫画すごく面白い!


こじらせ公爵と前向き没落令嬢の新婚生活!!


国益のために結婚した表向きは女性に優しいけど、実は恋愛不信の公爵様…どうやって変わっていくのか…期待の新作です。



ではあらすじや感想などを書いていきますね。


試し読み「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきますはこちら


あらすじ


>>試し読みはこちら

家族のために…会ったこともない公爵様と結婚します!

没落貴族の令嬢・エルサ。


貧しい暮らしですが、家族仲良く明るい毎日を過ごしていました。


そんなある日、エルサに思いがけない相手から縁談の話が!


なんと…


第一王子の側近であるユリウス(ロイアス公爵家)からだったのです。


面識もなく、負債だらけの没落貴族に求婚など…とエルサの弟・ハンネスは


「なにか企んでるに決まってる!」


と心配しますが


エルサはユリウスとの結婚を決意します。


結婚をすれば領土の保安強化と建築物の補修もしてくれる。エルサは両親と弟が幸せになれるなら、ユリウスがどんな相手であろうと耐えられる…そう思ったのです。


そして結婚式の日。


「まさか、このキラキラした方が…!?」


初めて会うユリウスは、美しい男性で気遣いもできる優しい人でした。


たくさんの人たちから祝福を受け、夢みたいだと思ったエルサでしたが……。



さっきまであんなに優しかったのに!?冷たい声で「きみを愛する気はない」

「ひとつ言っておく。俺はきみと結婚したがきみを愛するつもりは一切ない」


結婚式が終わり、ユリウスから告げられたエルサ。


その声は先ほどまでの優しいものではなく、別人のような冷たい声でした。


なんとユリウスがエルサに求婚したのは、この結婚が国益になると判断されたからだったのです。


「きみだって自分の家の利益のためにここに来たんだろう?ただお互いの利害が一致したというだけだ。契約結婚だと思ってくれていい」


普通のご令嬢なら怒りを覚えるであろう言葉ですが、前向きなエルサは


「な……なるほど!この婚姻にお互い利益があるのであれば、わたくしだけが一方的に負担をおかけするだけじゃないと分かって安心です。ユリウス様、あらためてよろしくお願いいたします」


と笑顔で手を差し出すのでした。


こうして普通とは少し違う二人の結婚生活が始まって……


ここに注目!

人の悪意にも気付かない!?純粋で前向きなエルサ

結婚して1ヶ月。


ユリウスから家では好きにしていいと言われていたエルサは、敷地の一角で野菜を作ったりメイドさんたちと裁縫をしたりと毎日を楽しく過ごしていました。


そんなある日、エルサの元に貴族主催のお茶会の招待状が届きます。


それは、ユリウスの幼馴染・レベッカからの招待状。


ユリウスのことをまだ何も知らないエルサは、レベッカからユリウスの話が少しでも聞けたらいいな(愛し合えなくても親しくなれたらいいなと思っていたので)…と参加することにするのでした。


屋敷に到着し、明るい笑顔で迎え入れてくれたレベッカ。


そんなレベッカに案内されることになったエルサでしたが…


「エルサ様、ユリウスとの新婚生活はいかがですか?」


実はレベッカはユリウスとエルサのことが心配していたのです。


というのも、幼馴染であるレベッカはユリウスの過去も仕事の内容も知っているから。


幼馴染・友人としてユリウスを大切に思っているレベッカはエルサにお願いをします。


「どうか見捨てないであげてほしいのです!」


ユリウスが抱える事情を知ったエルサ。しかしエルサは…


「初めてだったのです。わたくしの実家は公爵家ですが名ばかりの貴族です。そのため、どれもみな不当な条件ばかりでした(来ていた縁談が)。しかしユリウス様だけはこちらを軽んじるような条件を何一つ提示せず求婚してくださった。そんな方が悪い方なわけがありません」


そして…ユリウスのご恩に報いたいと微笑むのでした。


そんなエルサの言葉にいたく感動したレベッカはエルサの手を握り


「困ったことがあれば力になります!」


と全面協力することを誓うのでした。


そんなレベッカですが、エルサのことでいくつか驚いたことがあって…


なんとエルサはご令嬢のマウント(嫉妬からくるマウント)に一切気が付かなかったのです。


そして、エルサの口から出る言葉どれも可愛らしいものばかり。


レベッカは驚きつつも


こんな方があのユリウスと…守ってあげなきゃ!!


と心の中で思うのでした。


このように、エルサはとても純粋で明るく前向きな女性。


マウントにも気付かないうえに、発言もすごく純粋なのです。


ユリウスを狙っているご令嬢(マウントしたご令嬢)は今後も登場すると思いますが、こんな純粋なエルサを前にどうやっていじわるをするのか気になるところです笑


ユリウスの過去。少しづつ気持ちに変化が…?

国政のために、様々な女性をターゲットにして情報を引き出す諜報活動をしているユリウス。


エルサとの結婚も国益のためでした。


表向きは優しく紳士なユリウス…


しかし、ユリウスが女性に優しく接するのはあくまでも仕事のため。仕事が終われば相手が本気であろうと容赦なく切り捨ててしまうのです。


実はユリウスには愛というものが分かりません。


それは、ユリウスの過去が原因で…


ユリウスの両親は不仲でいつも罵りあっていました。


自分の存在などないものように扱われて、ユリウスにとって家庭はいいものではなかったのです。


しかし、明るく前向きなエルサと結婚してからユリウスに少しづつ変化の兆しが……。



感想

今のところまだ心の変化(ユリウスの)が少し見えるだけですが…あんなにも冷たいユリウスがエルサによってどんな風に変えられてしまうのか…今後の展開にすごく期待しています!


ユリウスを狙っている意地悪なご令嬢の動きも気になるところ。でも、相手はマウントにも気付かないエルサですから、どう絡むのか楽しみです♡