小畑さんちのブログ

女性のためのブログです♡

元TOKIO「山口達也」と感動の名作「映画:ウォルト・ディズニーの約束」が重なって見えるワケ。

ニュースで元TOKIOの「山口達也」さんを見ていると、アカデミー賞などにノミネートされた感動の名作「ウォルト・ディズニーの約束」と重なってしまいます。

 

観たことありますか?

 

ウォルト・ディズニーの約束は、2013年に公開されたミュージカル映画「メリーポピンズ」の制作秘話を描いたヒューマン映画です。

 

 

今回はそんな「感動の名作映画」と「元TOKIOの山口さん」が何故重なってしまうのか…その理由について書いていこうと思います。(ネタバレあるので注意です)

 

 

 

 

 映画「ウォルト・ディズニーの約束」ってどんな話?

ウォルトディズニーは、 「メリーポピンズ」が大好きな娘との約束を果たすために、作者である「トラヴァース」に映画化を熱望。

 

しかし、トラヴァースはかたくなに首を縦に振ろうとはしません。

 

代理人の勧めでようやく、映画化を承諾しますが

 

「アニメーションをいれないこと、ミュージカルもダメ。脚本はトラヴァースの承諾を得ること」

 

という厳しい条件付き。

 

それもこれも、彼女にはどうしても「メリーポピンズ」を人の手で汚されたくないという苦悩と葛藤があったからです。

 

そして、彼女が描いた「メリーポピンズ」には彼女の叶わない願いが込められていたから。

 

彼女の苦悩と葛藤とはいったい何か?

メリーポピンズに込めた願いとは?

 

この映画はトラヴァースの幼少期の体験とリアルな葛藤、苦悩が見どころ。涙なしでは見られないストーリーです。

 

 

 

トラヴァースの幼少期と元TOKIOの山口達也さん

そもそも「メリーポピンズ」とはどういうお話でしょうか。

 

メリーポピンズは

 

問題のある家族の元に「傘をさして空から舞い降りた不思議な乳母」の話。この乳母「メリーポピンズ」が歌と魔法で家族を幸せへと導いていくというストーリーです。

 

実は、このメリーポピンズの話はトラヴァースの幼少期の悲しい体験が深く関わっています。しかし、ラストだけが違うのです…。

 

そう、トラヴァースの一家にはある問題がありました。それは、トラヴァースの大好きだったお父さん。

 

トラヴァースのお父さんは仕事のストレスからアルコールに溺れていました。そのせいでお母さんは自殺を図ろうとし(未遂でしたが)、大好きなお父さんのことをみんなが悪く言う。

 

そして……最後には大好きだったお父さんもアルコールが原因で亡くなってしまいます。

 

この描写がとてもリアルで印象に残っているんですが、山口達也さんのニュースを見ていると、どうしてもこのシーンが頭をよぎります。(ご健在だから不謹慎かもしれないけど)

 

山口達也さんのことを、見放さないで大切に思ってくれている人達のためにも、お酒を断ってくれたらいいなと思います。

 

 

 

幼少期の体験から描かれた「メリーポピンズ」そのラストが違う理由

 メリーポピンズのラストはメリーポピンズが問題のある家庭を幸せへと導いて終わっています。

 

この作品、幼少期のトラヴァースの体験から描かれているのに、なぜラストが違うのでしょうか。

 

実は、「メリーポピンズ」にはトラヴァースの願いが込められているのです。トラヴァースがメリーポピンズに本当に救ってほしかった人……それは、

 

「お父さん」

 

です。

 

作品の中では幸せそうなお父さん…それを誰かの手で悪く描かれないように「映画化」する際にも事細かく条件をつけたのです。

 

みんなが悪く言うけれど、愛してやまない世界でたった一人のお父さん。本当に泣ける映画なのでぜひ観てみてほしいと思います。