小畑さんちのブログ

女性のためのブログです♡

「みんなのうた」大人になって聴いてみたら「歌詞の意味」が変わってしまった。大人になるってこういうこと?

子供の時に「みんなのうた」で何となく聴いていた歌。

 

あの時は良い歌だと…いい歌詞だと思ってたけど、大人になって聴くと歌詞の受け取り方が変わることってありますよね笑


さて、今日話したいのはみんなのうたで流れていた「きっとしあわせ」という歌について。

 

知ってる?


まずはこれを聴いてみてください。

 


きっとしあわせ / しゅうさえこ

 

この歌は「みんなのうた」で流れていた歌なんですが、子供の時はメロディが好きで、よく弟と口ずさんでいました。


先日、弟とそういう話をして懐かしかったから、家で夫に

 

「この歌知ってる?」

 

とYouTubeで聴いてもらいました。

 

「懐かしい」とか「知らない」とかそういう返事を想像していたんですが…

 

「この歌の登場人物は何を追い詰められてるの?」

 

え…!?

 

追い詰められてる!?

 

そんなこと思ったことないけど…

 

歌詞を見たら…

 

そう取れなくもないと思いました笑

 

(歌詞)

あれから 何年たったでしょうか。

忙しさに 追いたてられて いつのまにか 過ぎてゆく日々

よろこびどこにおいてきたの………

きっと しあわせ 今を生きること

ずっと しあわせ 信じていよう

きっと しあわせ そんな気がするの


この歌は母親への応援歌として…

 

「自分でも確信できないけど、きっとそうだと信じる気持ち」という意味が込められているそうです。


そんなことを知らない人が聴いたら「幸せだと思い込みたい」追い詰められている人の歌だと思う人もいるのかも。

 

当時は、幸せを願ういい歌だと思っていたけど、受け取り方次第で全くもって意味が変るなと思いました。


大人になって、いろいろ経験してしまって純粋に聴けなくなってしまったからなのかも
しれないけど笑