小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

大事な人の子供を奪い、優しい彼女の命も無駄にしてしまった…「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~3巻」あらすじ&ネタバレあらすじ

園遊会で起きた「里樹妃の善に毒が盛られた」という大事件。

 

自分が犯人だという遺書を残して下女が自殺を図りますが、不審に思った壬士と猫猫は調査を始めます。

 

しかし、辿り着いた真実は悲しい過去によるもので…

 

漫画「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」を読む。

 

 

 

 

あらすじ

「例の自殺した下女、里樹妃暗殺未遂に関わっていたというのは聞いたか?」

 

「何故それがわかったのです?」

 

「下女の遺書に書かれていたそうだ。」

 

下女がなぜ里樹妃を狙う?それに毒はどこから――…

 

下女の自殺により解決に思われた事件ですが、不審に思った壬士は猫猫を「阿多妃の柘榴宮」に行かせます。

 

なぜ、阿多妃の柘榴宮だったのか…そう、

 

「この中に、里樹妃暗殺に関わった者がいる――…」

 

調査を始めた猫猫。

 

漂う蜂蜜の匂いにあることに気付きます。

 

そういえば、里樹妃は蜂蜜が苦手だと言っていた…なぜ苦手なのだろう。たまたまなのかもしれない…でも気になる。


出産の時の対応が遅れて子宮を失い、産んだ子供も亡くしてしまった阿多妃と蜂蜜…
そして里樹妃の関係。

 

猫猫は、阿多妃の侍女頭「風明」を里樹妃暗殺未遂・下女殺しとして疑うが――…。(引用元:原作/日向夏・作画/倉田三ノ路・キャラクター原案/しのとうこ「薬屋のひとりごと」より)

 

ネタバレ感想

傷つく人が増えるだけなら、すべてを明らかにする必要はない…今回はそういった話でした。

 

里樹妃暗殺未遂の犯人は風明ですが、下女殺しの犯人ではない。そして、里樹妃が憎かったわけではありません。

 

慕っている阿多妃を傷つけることを恐れたからです。

 

それは、阿多妃の子供が亡くなったことに関係していて…。

 

誰かが誰かを想う気持ちは人を狂わせてしまうものですね。そんな風明と自殺した下女の想いを汲み、猫猫が下した決断…。

 

しかし、もしかしたら阿多妃の子供は生きてるかも…そんな描写がありました。

 

「息子が私のもとからいなくなってから…」

 

本当だったら「息子が死んでから」が自然ですよね…。


そして、それは…壬士なのかもしれません。壬士にはいろいろと秘密がありそうです。

↓試し読みはこちら。

薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜 3

薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜 3