小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

タコ焼きが食べたくて…嘘、会いたかった「おんなのいえ5巻~6巻」ネタバレあらすじ&感想

前を向きたいという気持ちが誰かを傷付けることもある。謝ってもどうしようもないけれど、みんな前を向くしかないんですよね。

 

「ありか」が前を向くために傷つけてしまった人…今回はそんなお話です。

 

漫画「おんなのいえ」を読む。

 

 

 

 

あらすじ

「変わらない」なんて無い 。変わる自分達は約束なんてできない。 変わるから、 変わらないなにかが欲しいなんて ワガママだ。

 

母が倒れたとの連絡をもらい大阪に戻った「ありか」。そうとは知らず、「ありか」と連絡が取れなくなった川谷さんは「ありか」の働く印刷会社まで会いに行きます。

 

あの日以来、「ありか」のことを好きになってしまった川谷さん…「ありか」の事情を知り、ついに大阪の「ありか」の実家まで会いに行くことに。

 

「なんで?なんでここにいるの」

 

「いや なんか…急に本場のたこ焼きが食べたくなって…嘘 会いたくて来た」

 

「俺…リコンしたんだけど ソレは全然さ…アナタのせいとかじゃないんだけどね 俺なんかヘンで 頭ん中ありかのことで一杯なんだよ」

 

一夜を共にした「ありか」と川谷さん…朝一で東京に戻らなくてはいけなかった川谷さんはあるメッセージを残して、先に部屋を出ます。

 

『東京に帰ってこいよ』

 

本当は大阪に引っ越そうと思っていた「ありか」。東京に帰ったって川谷さんが責任を取ってくれるわけでもない。

 

しかし、ありかはその時にもらった一瞬に賭けることにするのでした。

 

そして、大河内さんに会いきちんと話をすることに――…

 

圭佑は私を傷つけた。 誰かのために傷ついた心が、他の誰かの心を削りとる。 ただ前へ進みたいだけで傷つけた。 あやまることしかできない 。あやまってもどうしようもない。 だけど私は 、私の正面を向くしかない みんな自分の正面を向くしかないんだ。

 

一方「すみか」はコウちゃんに別れ話をするために大阪へ。しかし、「すみか」の不在中にマコちゃんのもとにマコちゃんの元カレ「修二」が現れてしまい――…(引用元:鳥飼茜「おんなのいえ」より)

感想

マコちゃんと付き合うために、コウちゃんと別れようと大阪に帰った「すみか」。

 

このコウちゃんの性格…想像の斜め上をいきます。

 

付き合いたくありませんが嫌いではありません。「笹を割ったような性格」「細っ」というコウちゃんと「ありか」の会話が面白かった!

 

さて、あらすじには書かなかったのですが、「すみか」と「ありか」が浮気をして出ていったお父さんとその浮気相手に会いに行くシーンがあります。

 

このときの会話がものすごく何気ないのに…ものすごく「グッ」ときました。揉めるわけでもなく、普通なのに…。この漫画、いろいろなシーンで考えさせられるところがあるんですよね。

↓試し読みはこちら。

おんなのいえ 5巻

おんなのいえ 5巻