Web
Analytics

小畑さんちのブログ

人生を楽しみたい「小畑さんちのブログ」です♡

罪深い私の妄想――信用されなくても私が守る!「転生悪女の黒歴史」あらすじ&感想

自分の書いた黒歴史に殺される運命の主人公「イアナ」。

 

誰からも信用されず、恐れられているけど…それでもフラグを折りつつ、愛すべきキャラたちを守ろうとします。

 

これだけを読むとシリアスな漫画のようですが、コメディ要素高め。黒歴史回想シーンも面白い。

 

自分で創作小説などを書いたことがある方なら「分かる~」ってなるんじゃないかな。

 

ではあらすじとネタバレ感想を書いていきますね。

 

試し読み「転生悪女の黒歴史」はコチラ

 

 

あらすじ

転生悪女の黒歴史 1

 

>>試し読み「転生悪女の黒歴史」はコチラ

 

「見つけたぞ!イアナ・マグノリア!!コノハ・マグノリア殺害未遂の容疑で逮捕する!!」

 

――私 この場面知ってる…?――

 

イアナって私が考えた物語の悪役の名…前…

 

中学~高校にかけて作り上げた妄想の産物「黒歴史」のプロローグに転生した佐藤コノハ。

 

自分と同じ名前「コノハ」をヒロインにした物語だったのに、あろうことかコノハの敵「イアナ」に転生してしまいます。

 

追ってくる者たちから逃げるイアナ。

 

自分の好みを最大限取り入れたメインヒーロー「ギノフォード」に殺されかけるも、「コノハ」によって助けられます。

 

その後、三か月の謹慎処分となったイアナは辺境の領地へ。心の中で「ありがとうコノハっ…ヒロイン万歳!」と思いますが…あることを思い出してしまいます。

 

確かイアナは伯爵家に雇われた男に、謹慎中に殺されてしま―――…う!?

 

ってオイイイイッ!!このままじゃ私死んじゃうよっ!!!!

 

その男とは、幼少期にコノハに助けられた「ソル」。助けられて以来、コノハに恋をしていて守りたいと願っている男。

 

そんな男が私付きの使用人!?自分を殺すと知っていて犯人と同居するバカがどこにいるの!?

 

と…とにかく、コノハとギノフォードにこれまでの無礼をお詫びして黒歴史から離れよう!!

 

しかし、当然そんなものを信用するものはおらず。

 

そんな中、ある事件が起こります。

 

コノハの身が危ない。何が起こるか分かっているけど、誰にも私の言葉なんて届かない…目も合わせてくれない…。

 

私の妄想がこんなにも罪深いものになるなんて。

 

しかしイアナは諦めません。

 

「死んでたまるかって前に傷つけてたまるか!!」

 

作中の傷を本物の傷にしないため、イアナはコノハ達を助けに向かい―――……。

 

 

ネタバレ感想

冒頭にも書きましたが、イアナの黒歴史回想シーンがめっちゃ面白いです。特に母のツッコミ。ギノフォードの履歴書?を見て「またこいつかぁぁぁぁぁぁ」と叫んでるシーンがツボです。

 

さて、自分の黒歴史にイアナは、もう可哀想なくらい誰からの信用もありません。そして常にソルから命を狙われている状態。

 

しかし、そんなソルもコノハを守ろうとするイアナに混乱し始めます。イアナがピンチになれば、すぐに駆け付けて

 

「コノハの横に立つことがふさわしいのか、自分が見極めるまで勝手に死んでは困ります」

 

と言ったり

 

「もし、あなたの目が覚めていなかったら――…私は一生後悔したでしょう――…」

 

と言ったり。

 

このセリフ、通常の少女漫画なら胸キュンシーンなのでしょうけど、イアナには通用しません笑

 

自分の手で暗殺したいってことなのかな。

 

とか

 

自首を勧められてる!?

 

と、そんなことを考えています笑

 

せっかくソルが用意してくれた薬でさえも毒殺!?と思っているくらいですからね、イアナは。

 

もともと、ソルの役目はイアナは殺すこと。仕方ないと言えば仕方ないですけど笑
今後のソルとイアナの展開にかなり期待です!(引用元:冬夏アキハル「転生悪女の黒歴史」より)