小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

【漫画】FINAL FANTASY の世界に転生!しかし、その世界はゲームにあるはずのものがない世界だった。

今回ご紹介する作品は異世界転生もの。主人公が転生してしまった世界――それはFF(ファイナルファンタジー)の世界です。

でも、その世界はゲームの中とは少し違う。

プレイするにおいて最も重要なものが存在しないのです。

実は私、FFをプレイしたことがないんですが、FFって面白いんですね今回は1巻のあらすじや感想です。

漫画「FINAL FANTASY LOST STRANGER」を読む。

あらすじ

「二人のFFを作る」ことを夢見て、スクウェア・エニクスに入社した「佐々木正吾」と妹「夕子」。

憧れとはほど遠い現実に、正吾は苦悩しながらも夕子に励まされながら夢を追い続けていた。

そんなある日、二人を暴走トラックが襲いかかる。

キキキキキーガンッ

――何だ?何が起こったんだ 一体…?…夕子?どこだ!?

衝撃の中、暗闇から目を覚ますと何故かモーグリが!?

――何だ ここは!!?

目の前に広がるのはFFの世界――そう、正吾と夕子はFFの世界に迷いこんでしまったのだ。

FFの世界に転生してしまった正吾と夕子…出会った「白魔道士・シャル」率いるパーティーに入れてもらい、冒険を始めるが「明け無しのホワイトドラゴン」の出現により悲劇が起こる。

「…何なんだよ!何なんだよ これはァ!おい夕子 起きろって 何してんだよ お前っ」

最愛の妹「夕子」が自分の命と引き換えに子供を守り、喰い殺されてしまったのだ。

しかし、ここはFFの世界。そのことを思い出した正吾は白魔道士シャルに「蘇生魔法(レイズ)」を頼むが、シャルの口から発せられた言葉に衝撃が走る。

「ショーゴさん………聞いてください……レイズなんて魔法は……おとぎ話の中にしかないんですよ―――」

そう、この世界には「蘇生魔法(レイズ)」が存在しないのであった――

ネタバレ感想

冒頭で「プレイするにおいて最も重要なものがない」と書きましたが…そうです、蘇生魔法(レイズ)が存在しない世界なのです。RPGには必ずありますもんね、FFに限らず。

さて、いつも側で励ましてくれていた夕子がクリスタルになってしまい(亡くなった人の魂はクリスタルになる)、生きる気力を失ってしまった正吾。しかし、自身にある能力があることに気付き、もう一度冒険を始めます。

その能力とは、情報を見る能力(ライブラ)。

実は、この情報を見る能力(ライブラ)も蘇生魔法(レイズ)と同様に伝説と呼ばれる力…つまりもしかしたら蘇生魔法(レイズ)もあるかもしれないということです。

こうして、夕子を生き返らせるために仲間たちと蘇生魔法(レイズ)を探す冒険を始めるんですが、なんせ正吾は弱い。

もともと弓道部で弓は扱えるみたいだけど、それくらいでモンスターが倒せるほどモンスターは弱くありません。

しかし、正吾は自身の情報を見る能力をうまく使って戦えるようになるのです。

ここが面白いところ!「亡くなった妹を生き返らせるための冒険」というのはありがちなのですが、戦い方が面白い!

そして情報を見る能力も万能ではないところがいいです!

実はこの能力、伝説と言われているのにモンスターの弱点とかが見れるわけではないんですよね笑

だから…最初は「何の役に立つ能力の!?」という感じでした笑

頭を使ったバトルは読んでいて面白いですね(引用元:原作 水瀬葉月 作画 亀屋樹「FINAL FANTASY LOST STRANGER」より)

↓試し読みはこちら。

FINAL FANTASY LOST STRANGER 1巻【特典付き】

FINAL FANTASY LOST STRANGER 1巻【特典付き】