小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

笑って泣ける4コマ漫画「義母と娘のブルース」 あらすじ&ネタバレ感想

この漫画はだいぶ前に購入した漫画なのですが、今回書くにあたって読み直しました。

もう本当に何度読んでも笑えるのに泣ける!感動する!

こんな4コマ漫画見たことない!って誰しもが思うと思います。

人の人生が4コマ漫画で描かれてるってすごいですよね。

漫画「義母と娘のブルース」を読む。

あらすじ

母親が病死し、まだ立ち直ることのできない父「良一」と娘「みゆき」。

しかし、一人でみゆきを守っていこうと誓った良一もまた、病に冒され余命いくばくかに。

幼い娘を一人残して逝くわけにはいかない…そう思った良一は、求めるものが一致したバリバリのキャリアウーマン「亜希子」を新しい母として連れてくる。

子供相手に名刺や履歴書を差し出すキャリアウーマン亜希子と母を亡くした傷が癒えないみゆき。

良一の事情など知らないみゆきが、果たして亜希子を母として認める日が来るのだろうか。

ネタバレ感想

新しく母としてやってきた亜希子は、かなりやり手のキャリアウーマンで仕事一筋だったせいか、みゆきへの対応もまるで取引先の相手のようです笑

例えばこの会話。

みゆき「私…あの人と暮らしたくない。」

良一 「あの人とはなんだ!ちゃんとお母さんって呼びなさい」

亜希子「みゆきちゃん そこをなんとかお願い」

みゆき「やだっ聞きたくない。帰って」

亜希子「言ってくれるまで私テコでも動きません」

みゆき「フンッいつまでいてもむだだからね」

亜希子「土下座でもなんでもいたします」

なんだか、失敗をしてしまった取引先に「もう一度チャンスをください」と言っている光景が頭に浮かびました笑

他にもお弁当に海苔で株価を表現したり、にんじんを残したみゆきに宴会コールをしたりと、やることがぶっ飛んでいる亜希子さん。

でも、本人はいたって真面目にやっていて…とても一生懸命なのです笑

そんな亜希子とみゆきのバトルを見守る良一。

あらすじにも書きましたが良一と亜希子は恋愛感情で結婚したわけではありません。

良一はみゆきを一人にしないため(自分の死期が近いから)、亜希子は人恋しかったから。

ただそれだけだったのですが、いつしか良一は亜希子に恋心を抱くようになります。

みゆきが一人ではないことが分かれば「いつ死んでもいい」と思っていた良一ですが、亜希子と出会って必死に生きようと思い始める。

でも……その日は突然訪れるのです。このシーンは本当に泣けます。

…と、ここまで書いてきましたが、今書いているのは1巻の話。

2巻(2巻完結)ではみゆきの恋や亜希子を想うパン屋の店長、亜希子とみゆきの絆…そして亜希子の死…1巻もすごくいいけど2巻も泣ける!

興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。(引用元:桜沢鈴「義母と娘のブルース」より)

↓試し読みはこちら!