小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

【胸キュン×恋の迷走?】永久指名お願いします!あらすじ&ネタバレ見所&感想

この漫画は引きこもりだった十和子の成長や恋の迷走、そして十和子を想う2人のホストに注目です!

メインになるホストは十和子の兄(あ、十和子の兄は十和子には隠してホストをしていました。

ホストになったのは全て十和子のため。すごくいいお兄さんです)を始め、蓮次、息吹、里央の4人なのですが、どのキャラクターもとても魅力的です!

個人的にはオネエ言葉なのにセクシーな蓮次が好みです

さて、今回は大まかなあらすじとネタバレ見所、感想を書いていこうと思います。

見所には力を入れて書こうと思っているので…長くなってしまうかもしれませんが、お付き合い頂けると嬉しいです!

漫画「永久指名おねがいします!」を今すぐ読む!

あらすじ

死んだような目にボサボサの髪をした主人公「十和子」。

中学2年生の時にイジメにあって以来、一緒に暮らしている兄以外とは関わらず、引きこもりの日々を送っています。

しかし、ある日突然、十和子の静かな日常が壊れるできごとが。

それは、あのホストたち。

兄の仕事仲間であるイケメンホストたちが家に入り浸るようになってから十和子の日常は崩れ去っていき――…!!

「ヒィィィィッ 悪夢悪夢これは夢…っ。こんな非常識な人達、実在するはずがない……!!」

見どころ

①『十和子の成長』

あらすじにも書きましたが、十和子は中学2年生の時にイジメにあっています。

その相手はクラスでも派手めの女の子たち。

だから余計にホストである蓮次たちに警戒心を持っているのです。

さて、そんな十和子ですから、もちろん蓮次たちと会話もしたくない…そこで考えたのがネットで見つけたサプライズカー!!

サプライズカーというのは、携帯で操作できるメッセージボードのようなもの。

十和子はこれを使って「風呂に入れ」とか「香水くさい」とか送るわけですね。

そんな十和子ですが…あることをきっかけに変わり始め、一人暮らしまでできるようになります。

最初は、イジメのことがあったと言えども、兄のすねをかじる「ダメ人間」だと思っていましたが(多分、全員が思うはず)、少しづつ成長する姿に気が付いたら応援する気持ちでいっぱいになっていました。

あ、1巻(まだ出会ったばかりの頃)に突っ走った里央と里央に釣られた息吹の「十和子更生大作戦」みたいなのがあるのですが、この話、おすすめです。

仕入れた情報「十和子は文学少女」をもとに里央と息吹が起こした行動がもう、「何それ」という感じ笑

まぁ、本人達は真剣だったと思いますが、逆効果でした笑

②『十和子を巡る息吹と蓮次』

最初に書いておきますが、十和子は蓮次のことが好きです。

そして蓮次も十和子のことが好き。お互いが好きなんだから上手くいくはずですよね、本来は。

しかし、十和子は元引きこもりで恋なんてしたことがない女の子…だからいつまでも自分の気持ちに気付くことができず、傷ついたり…傷つけてしまったり…。

そして、蓮次の方にもある秘密があります。

それは…決して結ばれることのない恋…。

それを知ったのは蓮次の地元で行われた祭りのシーンなんですが、十和子の「もっと知りたいと思っていたはずなのに……知ってつらいと思うことも…あるのですね」というセリフが切なかった…。

でも、自分の気持ちを押し殺してきた蓮次の方がずっと苦しい想いをしていました。

さて、いろいろなことがあってようやく蓮次が自分の想いを告げるんですが、それに動揺する人物がいます。

そうです、息吹です。

息吹はホストでありながら人見知りです。(ホストは仕事だからできる)

そして、幼少期に死に際の母を泣かせてしまったことから本音が言えない…というよりも相手を困らせるくらいなら言ってはいけないと思っている人物です。

好きな子には笑ってほしい…たとえ自分のことを見てくれなくても…という感じなので、蓮次のことで落ち込む十和子を励ましたりアドバイスするのはいつも息吹なんですよね。

十和子には見せないけど、時折見せる悲痛な表情が切ない…。

特に教えてもらいながら、十和子のためにバラの花束を作るシーン!!

この息吹がめっちゃ泣ける!!

だって告白するのかと思いきや別の理由ですもん……。もう本気で息吹には幸せになってほしい…と思ってしまう瞬間でした。

感想

この漫画は読めば読むほどハマッていくと思います。

最初は十和子のあまりにものダメっぷりにイラッとしましたが、そんな十和子も成長していきますし…何よりも蓮次がかっこいい

十和子は蓮次のことを蓮次殿と呼んでいるのですが、殿でも不思議と違和感がありません。

それほどイケメンなのです笑

特にホストクラブの記念パーティーのときの蓮次ね。

似合いすぎてて、見入ってしまいました

↓試し読みはこちら!