小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

おかモンの告白で暴走する高嶺さん…ついに!?「高嶺と花10巻 」ネタバレあらすじ&感想

おかモンの告白を知った高嶺さん。勘違いがこじれて暴走します笑

そんな高嶺さんの暴走を止めたのもおかモンでした。

高嶺さんも大好きだけど、おかモンも良い男でもいいヤツすぎて切ない~。

試し読み「高嶺と花」を読む。

あらすじ

おかモンに「好きだよ」と言われ動揺する花。

おかモンの部活仲間が来たことで返事をもらうことなく、おかモンは去って行きます。

でも、花の気持ちは高嶺さんにあって――…。

何て言えばいいのか…

何て答えたらおかモンを傷つけずに済むのか…

もし、一言でも間違えたら、おかモンとの間にあったものが全部なくなっちゃうかもしれない…

そんなことを繰り返し考えながら

(…また調子のいいこと考えてる…)

と自分に嫌気が差していました。

そんなある日、花に元気がないことに気づいた高嶺さんは的外れなことを言って花を励まします。

そんな高嶺さんに花は

「…あの。絶対に相手が傷つくってわかってても、どうしても言わなきゃいけない事があるとき、高嶺さんならどう伝えますか?」

すると高嶺さんは

「いいか。どう伝えるかより何を伝えるかだ。当たり障りのないつもりの言動がかえって相手の害になる事もあるんだ。本当に相手の事を思いやって相手の利害を考えたとき、どうすべきか自ずと見えてくるんじゃないのか。たどたどしくていいんだ。結果的にホントに相手の為になるんなら。」

と答えるのでした。

高嶺さんの話に自分のすべきことが分かった花は、早速おかモンを公園に呼び出して今の気持ちを伝えます。

自分の気持ちをちゃんと伝えることができ、おかモンとも普通に話せるようになった花。

良かった――…と安心しているのも束の間、おかモンの告白は思わぬところで波紋を呼びます。

それは、もちろん高嶺さん。

実はおかモン、花に呼び出された日に高嶺さんとバッタリ遭遇していたのです。

そして…

「俺 告白しましたよ あいつに」

と。その言葉に高嶺さんは花からの相談を思い出し――…。

そして、ついに…

「…見合い やめていいぞ。俺とお前じゃいいとこ兄妹だろ」

(え…)

勘違いがこじれて暴走する高嶺さん。

そしてそして…キス…!!!?

ネタバレ感想

あらすじには書いていないのですが…高嶺さんの

「女ってのは男が宙を舞うと興奮するものなんだな。明日はスカイダイビングだな」

と笑顔で言うところに笑ってしまいました。

「この男が宙を舞う」というのは二人で見たライブでの演出だったんですが、何で?笑

って思いました。いい意味でも悪い意味でも高嶺さんは素直なのです笑

さて、今回もおかモンがめっちゃかっこいいです。

高嶺さんも好きだけど、おかモンも好き。

高嶺さんにおかモンが告白をしたのは、花を想っている人間がいるということを知っていて欲しかったからなのですが(宣戦布告したわけではない)、それで暴走しちゃった高嶺さんを止めたのもおかモンでした。

本当にいい奴…いい奴すぎて切ない…。(引用元:師走ゆき「高嶺と花」より)

試し読みはこちら!

高嶺と花 10

高嶺と花 10