小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

【ラブコメ】ヲタクに恋は難しい5巻ネタバレあらすじ&感想

映画デートに祭りデート…色々あるけど少しずつ関係性が変わっていく成海と宏崇。そんな二人に尚ちゃんからの「助けてメール」が。

その内容とは「こーくん」のこと(分からない方は4巻のあらすじを読んでね!)。先日のゲーセンでの一件で「こーくん」を泣かせてしまったことに罪悪感を感じる尚ちゃん…

「…そんなに傷ついてたなんて おれ全然わかってあげられなかった…また泣かせちゃうかもしれない」

と俯きます。しかし、成海の

「だとしてもっ、会ってちゃんと話さなきゃダメだよ!きっとその子も困ってるはず!だって泣くのは一人でもできるけど、笑うのって一人じゃできないでしょ」

という言葉に励まされて頑張ることを誓うのでした。

一方、こーくんは尚ちゃんに会うことが気まずくて大学にも行かずに一人でゲームの日々。そんなこーくんにお父さんの言葉が刺さります。その言葉に尚ちゃんとのオンラインゲームを思い出すこーくんでしたが…

(――そうだ、一人プレイに戻っただけじゃないか)

と思いなおし、もう一度ゲームを始めるのでした。何もかもを忘れるかのようにレベルの高いエリアでプレイするこーくん。しかし、そのエリアに動きのぎこちないプレイヤーが…ちょっとだけ援護しようと思い加勢すると…

「……!こーくん」

そのプレイヤーはまさかの尚ちゃんでした。尚ちゃんは学校で会えないこーくんと話すためにオンラインゲーム上でこーくんのことを探していたのです。

お得意の土下座謝罪をする尚ちゃんに「元はと言えば自分が悪いのに…最悪だ私。何て謝れば言いんだろう消えたい」とパニックになるこーくん。しかし、気にしなくてもいい!と言うことを伝えたい一心で入力した返事は…

「謝って頂かなくてけっこうです。誤解を招いた原因は私なので。これ以上あなたが気にかける必要はないと思います。」

この返事に「わりとオコじゃね?」と呟く宏崇に青ざめる尚ちゃん。(そしてそれを読み返して落ち込むこーくんw)しかし、突然のBGMに―――…!!?

(感想)

個人的に(オンラインゲーム上の)尚ちゃんの土下座が好きです。ギネスに載りそうなくらい自然な土下座wさて、今回は尚ちゃんのことを書きましたが、他にも成海と宏崇のデートや成海と花ちゃんの話などが収録されています。その中で凄く響いたセリフがあったので、ご紹介。「自分が楽しめてこその趣味…本気でやらなきゃ…妥協したら楽しくないじゃん」これは、死にかけの成海のセリフです。趣味だと妥協してしまうことって誰もが1度くらい経験したことあるんじゃないかなぁ。私は何度か経験があるので…大事なことを思い出させてくれる良いセリフだなと思いました!!!(引用元:ふじた「ヲタクに恋は難しい」より)試し読みはこちら!