小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

【ラブコメ】ヲタクに恋は難しい4巻ネタバレあらすじ&感想

4巻にも色々な話が載っているのですが、その中から今回は尚ちゃんの話と花ちゃん&樺倉の過去の話を書いていこうと思います。(4巻のメインが尚ちゃんと花ちゃん&樺倉カップルだったので)では、まず尚ちゃんの話から。

ゲームヲタでいつも一人でいる同じ大学の「桜城 光(さくらぎこう)」。その姿が兄「宏崇」と重なってしまった尚ちゃんは、「ゲーム今度一緒にやらない?きみと友達になりたいんだ!」と声をかけます。(ここまでは3巻参照)

その後、二人はオンラインゲームをすることになるのですが、なんせ尚ちゃんは非ヲタ。物凄く下手で「こーくん」の足を引っ張ります。「こーくん」に謝罪をする尚ちゃん。しかし、そんな尚ちゃんに怒ることもなく、「こーくん」は違うやり方を提案するのでした。

「似てると思ったけどちょっと違うんだね…」

と呟く尚ちゃん。

数日後、大学の食堂で尚ちゃんと尚ちゃんの友達と食事をしている時に、ゲーセンに行こうという話が持ち上がります。しかし「こーくん」、性格が性格なだけに今まで友達ができたこともなく、ましてや男子の友達なんて―…と返答に困りますが…尚ちゃんの嬉しそうな顔に断りきれず一緒に行くことにするのでした。

そのゲーセンであるハプニングが起こります。それは―……「こーくん」が女子トイレから出てくるところを尚ちゃんが目撃してしまうということ!!!!

実は「こーくん」とカギかっこでずっと強調していたのは「こーくん」が女の子だからですw「こーくん」という呼び名は尚ちゃんが勝手につけたもの。尚ちゃんは、名前と見た目から男の子だと思っていたのです。そして「こーくん」は否定するタイミングを失っていたというわけですねw

次は、花ちゃんと樺倉の過去にいきます。男子バレー部キャプテンの樺倉(3年)と女子バレー部キャプテンの花ちゃん(2年)。二人は体育館のコートをどちらが使用するかで言い合います。

「こないだまで1年だったお前にコートを貸したところで、まともな練習法も知らねーだろ」

と去ろうとする樺倉。すると花ちゃんは…

「残念です。私もできればこんな手段を取りたくなかったんですけど……これって樺倉先パイですよね?」

と携帯を見せます。盗撮されていたことを知って青ざめる樺倉。露骨に脅されたため仕方なくコートを明け渡すのでした。

その後、樺倉は花ちゃんの練習に付き合うことになり、喧嘩しながらも二人の距離は少しずつ近付いていきます。そして卒業式―…本心では思い出に何かをもらおうと思っていた花ちゃんでしたが、樺倉の悪態に

「今日でその悪人面を見なくて済むかと思うと、ホントせいせいする!」

と言ってしまいます。その言葉に樺倉は―…。『5巻は下記の関連記事から読めます。』

この時の二人はまるで青春ドラマのようでしたw1巻から、ほぼほぼ喧嘩をしているシーンしか見なかったけど、こんな時もあったんだな~。「今日が過ぎれば――…きっと今日のことを一生後悔する」という言葉にグッときました!!!(引用元:ふじた「ヲタクに恋は難しい」より)試し読みはこちら!