小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

【ラブコメ】ヲタクに恋は難しい1巻ネタバレあらすじ&感想

お茶出しもロクに出来ないダメOL「成海(なるみ)」は転職先で、幼馴染のゲーム廃人「宏崇(ひろたか)」と再会します。(この時、宏崇は先輩と一緒にいて成海の方も同僚が一緒にいた)

実は成海は腐女子の隠れヲタで、宏崇はそれをよく知る人物。自分がヲタクであることを隠している成海は宏崇が余計なことを言わないように、適当な話でその場を去ろうとします。が―…。

「あ、成海。今度のコミケは参加すんの?」

カッと目を見開いて固まる成海。

その夜、約束通り居酒屋に来た成海と宏崇はゲームをしながら語りあいます。昼間の出来事を「正直殺そうと思った」と言う成海に謝る宏崇。そして―…。

「…成海は彼氏とうまくいってるの?」

その言葉にグイッとビールを飲み、顔を歪める成海はヲタバレして振られたことを告白します。

「だから!次の彼氏にはヲタクってこと絶対に隠し通す!邪魔者は消す!」

そう宣言する成海に宏崇は

「…ヲタクに理解のある人を探すってのはダメなの?」

と聞きますが…

「ダメに決まってんだろ!!理解あるってことはそいつもヲタクじゃん!ヲタクはキモイから嫌だ!!」

と全力で否定するのでした。

その後、またもや呑みに来た二人。この日も成海が宏崇を誘ったのですが、その理由は素材集めです。宏崇のおかげで無事に狙っていた素材をゲットすることができて、「やっぱり持つべきものは宏崇だな~」と、ご満悦の成海。すると宏崇は立ち止まり…

…じゃあ俺でいいじゃん」

「…俺だったら素材集めだろうがレベル上げだろうが、いくらでも付き合ってやるし残業しても待ってやるし、 失望させて泣かせたりしないし、そもそも間違えたなんて言わせないし…」

「さらには来週末のイベントに売り子として同伴可能です」

「採用!」

採用という形で付き合うことになった二人でしたが―…。

(ネタバレ感想)

めっちゃいい彼氏ですよね!!!レベル上げを私も手伝ってほしいわwそれはさておき、その後の二人のやりとりで個人的に面白かった部分を感想を交えて紹介しますね。

宏崇と付き合うことになったものの、何となく気まずくて成海は宏崇を避けてしまいます。それを見た樺倉先輩、宏崇に「きっちりと話をつけてこい!」と言うのですが―…ここが凄く面白かったw何かドラクエみたいになっているのです。「激オコの宏崇と先輩の樺倉があらわれた!」とか「たたかう、なかま、逃げる、お金」という選択肢があったりとかwお金って…wその後、逃げられなくなった成海は宏崇に捕まるのですが…ここの二人の会話もおすすめ。少し抜粋しますね。

「…〝友達〟だったころのがよっぽど近かったな、やっぱり好きだなんて言うんじゃなかった」

宏崇のこのセリフに真顔になる二人。

(―――いや、言われてねぇな) (言ってねぇな)

私も思いました。言ったっけ?ってwこんな面白いやり取りがある漫画なので、オタクじゃない方も楽しめると思います!!!(引用元:ふじた「ヲタクに恋は難しい」より)試し読みはこちら!