小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

【サイコ・サスペンス】外れたみんなの頭のネジ2巻ネタバレあらすじ&感想

ハンバーガー屋で頼まれた「特別なバイト」。この一件をべへりんに話すと…

「…ミサキ…お前…おかしくなってるんじゃないか?」

「何でもなかったかもしれない」を恐怖に感じ始めたミサキ。そんなある日、道路で泣いていた女の子の自宅に招かれます。泣いていた理由を聞くと

「変な電話がかかってくるの。お姉ちゃんが行方不明になってから―」

その瞬間、室内に鳴り響く電話の音。ミサキは電話の相手に怒鳴りますが…

「……!今私の声が後ろからも聞こえたような―」

そっと振り返ると、女の子がニヤリと笑い

「七尾ミサキハ 忘レタママ死ヌー」

気が付くと、そこは布団の中。

「夢…?どこから…?」

意を決して、ある事を聞くためにおばさんを訪ねるミサキでしたがその様子と返答に愕然とします。

―誰を信じればいい?誰が本当のことを言ってくれる?―(引用元:洋介犬「外れたみんなの頭のネジ」より)

(感想)

単純に街の人が狂っている原因を探しだしてべへりんと解決するのかと思いきや、少し違う展開になってきましたね。こういうミステリーっぽい展開、大好きですwサイコとグロさにミステリーが加わって余計恐怖ですがwそんなサイコなマンガですが、べへりんのお茶目な発言に時々癒されます。あまりにもダークな内容だから余計に際立つのかもしれませんね。試し読みはこちら!