小畑さんちのブログ

マンガやラノベなど好きなものについて書いています♡

【恋愛・リセット】凪のお暇2巻 ネタバレあらすじ&感想

2巻は慎二目線からスタートします。

凪との思い出や付き合いたての朝のこと、そして自分の想いを杏に話す慎二でしたが杏からある警告を受けます。

それは凪のアパートのお隣さん「ゴン」と凪のこと。

「入れ墨入ってるようなやばいニオイのする男だからそれはない」

と笑って否定する慎二でしたが…さすが女の勘。

偶然、ゴンとバッタリ会った凪は2人でBBQをすることになります。色々な話をした後、ゴンは

「やっぱ凪ちゃん面白いよ。そんで可愛い」

と凪に覆いかぶさり――。

一方、慎二は再び凪のアパートを訪ねます。

が…留守。(ゴンといるから)

そこに凪の上の階に住むおばさんが登場します。おばさん宅で凪の帰りを待つことになった慎二は恋愛映画を見ることになるのですが…見終った後、すれ違う男女と最後に他の男を選んだ女に腹を立てます。

そんな慎二におばさんはある指摘をします。

それはまるで自分のような――。(引用元:コナリミサト「凪のお暇」より)

(感想)

うららちゃんのお母さんが本当にかっこ良かったです。ママ友たちの発言にはイライラさせられたけど、うららちゃんのお母さんはあまり気にしない…というか物凄く心が透明な人なのかなと思ってしまいましたwそして凪と母親の確執。「うららちゃんはお母さんのこと好き?」って聞いた凪を切なく思ってしまいました。もしかしたら凪の性格は母親によるものなのかな。凪がリセット生活をしていく中で母親との確執も溶けていけばいいのになぁと思います。

そして今回個人的に一番注目した話は無理やり連れて行かれた婚活パーティー。「ヤりたいだけの男も 肩書きに抱かれたい女も…」という凪のセリフが突き刺さる人もいるんじゃないかな。慎二も慎二だけど凪だってどうなんだろうと思いました。凪は本当に慎二のことを…?慎二は安定のモラハラ男ですが1巻の感想同様に私には何だか愛しく思えますwだって小学生みたいw批判的な意見を持つ人の方が圧倒的に多いだろうけど、私は嫌いになれないかな。むしろ応援したくなる。それに、それ以上にゴンさんの方が危険な香りがするしw入れ墨が入っているとか関係なく…ね。パーソナルスペースが狭い人って危ないですよねwここから試し読みができます!