悲しいエピソードに号泣「コタローは一人暮らし2巻」ネタバレあらすじ&感想

 

コタローに関わる優しい大人たち。

 

その一人に新人弁護士の小林さんがいます。

 

小林さんの仕事はコタローにお金を届けること。

 

その仕事を引き継いだ際に先輩からある注意点を受けます。

 

それは

 

「もし、お金の出どころを聞かれたら“優しい人”からの寄付だと言うこと」

 

このお金がコタローを置いて出て行ってしまった、お母さん本人からだったら…どれだけ救われたか…。

 

もう一度お父さんとお母さんと暮らしたいと思っているコタローにとって…とても残酷な事情があるのです。

 

今回は小林さんが登場する切ない話です。

 

試し読み「コタローは一人暮らし」はこちら

 

 

あらすじ

>>試し読みはこちら

 

今週も、コタローの家にお金を渡しに来た弁護士の小林さん。

 

普段通り、たくさんのおもてなしを受けた小林さんでしたが、その日はいつもと違いました。

 

「おぬしはいつもカタくて、緊張してるように見えるのだが…わらわはおぬしにリラックスしていただきたい。本当のおぬしと話しがしたい…それともおぬしには、わらわに言えないことでもあるのか…?」

 

「…!!そんなことはありませんよっ…」

 

コタローが知りたいのは“お金の寄付者”…でも、そんなことがバレたらコタローが傷ついてしまう。

 

絶対にバレるわけにはいかないと小林さんは身を固くします。

 

そんな小林さんに、コタローはお酒をすすめて――…。(引用元:津村マミ「コタローは一人暮らし」より)

 

 

ネタバレ感想

お酒をすすめられて、完全に酔っぱらってしまった小林さんですが、最後の最後まで謝りながら「真実」を話すことはありませんでした。

 

1巻のあらすじなどを書いた時に、お金の出どころについて書きましたが…

 

もう一度お父さんとお母さんと暮らすことを夢に見ているコタローにとって、この事実はとても残酷です。

 

さて、2巻の終盤には追い打ちをかけるようなエピソードがありました。

 

それは、1ヶ月だけ清水アパートに住むことになった青年「青田」の話。

 

この青年、一見人の良さそうな人物ですが…実は「探偵」です。

 

さて、だれからの依頼か分かりますか…?

 

このエピソードは1巻の写真の話にも繋がります。

 

少しづつ明らかになるコタローの過去。明らかになっていくたびにとても切なくなります。